寝付けない、途中で目が覚めてしまうなど、不眠の悩みも様々です

更年期とホルモンバランスの関係や、不調の原因、症状、対処法、また若年性更年期などについても解説。


「命の母A」は更年期障害を治す、13種の和漢生薬と各種ビタミンの複合薬。


更年期特有の急な汗・イライラ・重だるさ・肩こりなど治していきます。


長年悩まされていた子供の不眠症から解放された母親の体験談です。


子どもの寝かしつけや夜泣きに悩まされているパパママも多いのではないでしょうか? 特に自閉症やADHDなどの発達障害の二次障害として、睡眠障害が起きることも多いと言われています。


ですが、睡眠障害は早期の適切な対処でよくなることも。


子どもの心身の成長に欠かせない良質な睡眠について見直しましょう。


「明け方に目が覚めてしまう」 悩みを抱えている人は多くいます。


今回ご紹介する内容で、早朝覚醒を理解し、原因の対策をしっかりと行えば、症状の改善を期待できます。


早朝4時に目が覚め、その後眠れなくなるのも不眠症の一種だ。


そのつらさを避けるための対策にはシンプルかつ意外な方法がある。


就寝前のテレビの見方を変えることも解決策になり得る。


東京女子医科大学病院 腎臓内科では「患者さんを中心に考える」を診療のポリシーとしています。


腎臓病は短期決戦ではなく、長期に病気と戦う患者さんと寄り添っていくことになります。


病気だけをみて診療することなく、患者さんの気持ちや社会生活などを尊重して治療することをモットーとしています。


膠原病の原因はまだはっきりわかっていませんが、免疫異常や炎症が病気の進行に大きく関わっていると考えられています。


ステロイドは、このような免疫反応や炎症の抑制によって治療に役立つと考えられています。


消費者安全調査委員会がエコキュートから出る低周波音の健康への影響について調査報告書を公表。


「(不眠などの)健康症状の発生に関与している可能性がある」と言及。


ビジネスの世界でも医者の世界でも、世界各国には「一流」と呼ばれる猛者がいます。


私は、どの世界においても、「一流」と呼ばれる人とは「常に一定のパフォーマンスを出し続けている人」と定義しています。


そして、とりわけ「一流のビジネスパーソン」に共通している最強のビジネススキルは「睡眠」です。


【PR】 日々の健康のため、毎日の睡眠は必須だ。


ある程度決まった時間に床に就き、決まった時間に起床するという規則正しい生活リズムが健康に寄与していることには異論がないだろう。


不眠症 改善 方法