永久保存版?ゼロから始める株入門

今回は、株式投資初心者のために株式の売却タイミングについて、タイミングの3つの方法を紹介しながらまとめていきます。


株は思い通りに上がるばかりではなく、買った途端に下落したり、横ばいが続いたり…、保有し続ける限り悩みはつきないもの。


では、株の買い時や保有する株の売り時はどう判断するとよいのだろうか。


カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんとマネックス証券の臼田琢美さんに読者の持ち株を一刀両断してもらった。


株初心者Q&Aです。


まずは、失敗面からご質問に答えさせていただきます。


(十分な注意を払っておりますが、一個人の意見程度に留めてください。


)私は中学3年から父の勧めで証券投資を始め、その後、大手証券会社を経てIFAとして活動してきた経験の中で、“心”が資産運用の成否を決めている、という思いを強く持っています。


筆者の「売り時」は25日移動平均線割れ、これが原則です。


でも1つだけ例外があります。


それが株価が短期間に急騰したときです。


うれしいようで実は困ってしまう短期間の「株価急騰」の対応についてご紹介します。


相場の格言には売買タイミングに関するものもあります。


しかし、何でもそのまま実践すればいいというわけではありません。


初心者が売買タイミングで悩んだ時に役立つ格言、具体的な実践方法、注意点を紹介します。


このページでは株の売買の成功において欠かせない売り時を見誤らないためのコツについてまとめております。


内容に目を通しますと、日本株の売り時として最適なタイミングや適切な売却値を判断する際の判断基準が分かります。


購入する銘柄を決めたらいよいよ購入する。


購入するタイミングを見極めるポイントについて解説する。


上方修正期待銘柄は決算の1週間前が狙い目だ。


株を購入したら次は売るタイミングを見極めなくてはいけない。


【PR】 無駄なお勉強は致しません。


損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。


現役プロの個人投資家が秘伝のノウハウを伝授します。


トレード体験セミナーも。


海外株式 投資