大昔のコイン買取がついに決定

金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品が割と色々な形であるのです。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


数千円から一万円程度のお小遣いをゲットできるチャンスですし、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が最近増えているようです。


お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、売却を渋る場合には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。


後から売却をキャンセルされまいと、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、その店が本当に信用できるのかどうかを厳しくチェックしてください。


ネットのレビューで評価が低い店などは買取を依頼するべきではありません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる業者も多いようです。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


買取で少しでも得をしようと思えば、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用を無料にしている店舗も増えてきましたので、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


しかし、安心してください。


訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私も金買取のお店を利用したことがあります。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、WEB上で情報収集することにしました。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、思い立ってすぐさま買取店に走るのはあまり賢いやり方とはいえません。


何と言っても、景気の変化などにより、貴金属は価値の変動が頻繁に起こるからです。


そのため、金相場の変動をチェックしておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することが重要です。


十年以上にわたって使用していない貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取サービスを利用して現金化するのを考えてみてはどうでしょう。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も最近は増えてきましたので、いくらの値段が付くかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。