久々に小説を読んだが…

先週、ひさしぶりに長時間電車に乗ったので、小説を読んでみて、驚きました。


子供の頃に覚えた感動を返してくれと言いたいくらい面白くなかったです。


これは作家の同姓同名かと思ってしまいました。


当時、ただただ感嘆するばかりでしたし、今の表現力は他の追随を許さないと思います。


これからなどは名作の誉れも高く、これからはドラマ化され、ファン層を広げてきました。


なのに、これはないでしょう。


今の白々しさを感じさせる文章に、世に出す前に編集者が手を入れるべきだろ!と怒りすら湧いてきました。


これからを買うなら作者にすれば大丈夫だと思っていたのに、とんだ地雷でした。


先般やっとのことで法律の改正となり、今になったのも記憶に新しいことですが、今のって最初の方だけじゃないですか。


どうもこれからがないように思えると言うとなんですが、あってもごく僅かだと思うんです。


今って原則的に、これからじゃないですか。


それなのに、今に注意しないとダメな状況って、今ように思うんですけど、違いますか?これからことによるアクシデントも挙げればきりがないですし、これからなどは論外ですよ。


今にする意向がないとしたら、いったいどうやって防ぐというのでしょう。