切手相場とは違うのだよ切手相場とは

梅雨時は特に心配なのはカビです。


幸いにも今年の被害は少なくて、掃除も終われるなと思っていたら、在りし日の父が整理していた切手10枚以上やバラ珍しい切手、記念切手類も含め多くの種類の切手のアルバムの束を見つけました。


ぱっと見た感じ傷んではいないようですが、このままうちで保管をつづけたとしても劣化が心配です。


もうそろそろ、買取鑑定士に持って行ってもいい時期になったという事でしょうか。


殆どの切手買取鑑定士では、通称プレミア珍しい切手という切手の買取も承っています。


それでは、プレミア切手とは何かというと、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。


とてもレアなものなのでシートとしてでなくバラであっても高プライスでの買い取りになる見込みがあります。


お年玉付き年賀はがきで記念珍しい切手をもらえることは多く、ふと見てみれば結構な枚数になっていました。


はがきの他には電子メールで用件が済んでおり、年賀切手は日常の文書に使えず、切手は使わないままだったのです。


身近に金券ショップがあり、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。


運転免許証を見せなければなりませんでしたが、貯まっていた珍しい切手でお小遣い稼ぎができたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。


今、中国の切手の買取の需要が高いって知っていましたか?その理由は、珍しい切手の人気が中国の人達の中で高いということが背景にあると考えられます。


とは言うものの、高く買い取られる可能性があるのは珍しい切手のうちでも文化大革命時代のものなどごく一部だけです。


加えて、珍しい切手を買い取ると謳っている業者であっても、日本国内の切手だけしか買取できないというところもありますから確認しておくことをおすすめします。


周知の事実ですが、切手はあらかじめ、通常郵便物に貼り付けるような形状に一枚ずつ分かれているわけではありません。


初めはその様な珍しい切手が数枚まとまった、切手シートという状態で出来上がります。


切手の買取の場合、切手シートとなっていても買取はしてもらえてバラバラになっている切手の形で買い取られるより買取の際に支払われる額が高くなることが多いと思います。


紙製の珍しい切手は実は取扱いの際に注意する必要があるものです。


なかでも、高温、湿気によるダメージを受けやすく、買取時に価値を落とさないようにするためにもどのように保管するかは大事です。


ストックリーフとかストックブックをうまく使って日光の当たらないところで保管しましょう。


湿気も避けて保管しましょう。


父の長年のコレクションだった切手が遺されてしまいました。


処分の方法を教えてもらいたいのです。


シートでなく、一枚ものも多いので、コレクション全体を買い取っていただけるとそこへ売りたいと思っています。


かなり気を遣って保管していたのでこの珍しい切手をぜひ欲しいという方に譲れれば嬉しいです。


改めて見て、いろいろな切手があると思いました。


使わない切手を売りたいと思い、買取ってもらえたとしても通常、切手料金から数パーセント引いて買い取ってもらう場合が多いです。


ところが、切手にもいろいろあり、その中にはコレクション的な価値を持つものもあり、高値で買い取ってもらえることもあります。


切手の価値は買い取りに出す前にそれなりに認識しておいた方がよさそうです。


物を買い取ってもらう時に注意すべきポイントとして保存状態を良くしておくということが大事なポイントです。


同じように、切手の買取の際も色褪せや破れによって安く買い取られてしまいますよね。


入手が困難な切手であれば欲しがる収集家も多数いるでしょう。


「興味ないわ」という場合には、雑な扱いをしてしまいやすいですが、大切に取り扱うようにした方がいいでしょう。


出来る限り高額での切手買取を目指すなら、売る業者を選ぶとき、金券ショップを選ぶのではなく、専門の買い取り業者をチョイスし、そこへ売るということが、不可欠です。


選択時に大事なことは、評判をネットなどで調べてみて、良い業者を数カ所選択して、鑑定士間で査定額を比べ、評価額が高かった業者へ決定することをおすすめします。